Blog‎ > ‎

省エネ法改正で

2010/11/24 3:55 に Toshiki Matsui が投稿   [ 2010/11/24 4:37 に更新しました ]
ご存知の方も多くいらっしゃいますが、省エネ法が改正になりました。
 
細かいことは下記のサイトを参考にしていただきたいのですが、
 
ECCJ 省エネルギーセンター
 
 
経済産業省資源エネルギー庁
 
 
ポイントは対象がより広範囲になったことです。
 
 
これまでは工場など単一でエネルギー使用量が多い事業所が対象でしたが、
 
改正により、チェーンなど小規模の事業所の集まりも対象となりました。
 
コンビニやファストフード、ファミレス、フィットネスセンターのチェーンが対象に加わったということです。
 
 
これは先日のブログでも紹介したように、
 
1990年に比べて小規模な事業所でのCO2 排出量が増加していることが
 
原因のひとつだと私は考えています。
 
 
では、対象になったら何をすればいいのかと言うと、
 
エネルギー使用量の把握をして、年1% 以上の省エネの目標をたて、
 
進捗状況を経済産業省に報告する、というようなことです。
 
報告を怠ると罰則もあります。
 
 
とはいえ、まだまだ始まったばかりですし前途多難な印象をうけます。
 
(そもそも民主党の目標は25%の削減だったように記憶していますし)
 
各企業は対応に追われるどころか、まだ自分が対象になっているか
 
気付いていない企業もあるのではないでしょうか?
 
 
いずれによ、エネルギー(電気やガス、水道)を使いっぱなしの世界は終わりました。
 
これからは、限りある資源ですので
 
小規模事業所や一般家庭でもエネルギーをマネジメントする必要があるです。
 
 
 
Comments