Blog‎ > ‎

新居でも見える化

2011/03/22 9:18 に Toshiki Matsui が投稿   [ 2011/03/22 10:17 に更新しました ]
今月バタバタと引越しをしました。

新しい家は広くて快適そのものですが、
お洒落なダウンライトなどがたくさんあり、明らかにたくさん電力を使用しそうです。

電力測定器がないと使用量がさっぱりわからないので、
来月電気代の請求をみて驚くのは目に見えています。

そこで早速OWL の電力測定器を設置しました。

新居の分電版は非常にコンパクトにつくられていて、
ふたがしまらなくなってしまいましたが、
納戸にあるので良しとしましょう。

効果はてき面!

まず、どの照明にどれくらい電力が使用されているかがすぐに分かりました。
我が家の場合、リビング・ダイニング・キッチンの電気を全て点灯すると
エアコンをつけるのと同じくらいの電力を使用するようです。(1時間あたり30円くらい)
不要なライトは消す。当たり前のことですが、十分な節電効果が期待できます。

また、ダウンライトは明るさを調整できるのですが、
弱めにするだけで節電につながります。(1時間あたり5円の削減)

次に、浴室の換気扇はほとんど電気を使用していないことが分かりました。
我が家の換気扇はoff にできないため、24時間ついていますが、
ほとんど電気を使用していないことがわかり一安心です。。。

節電のポイントは闇雲にやるのではなく、
何をどうすればどのくらい削減できるかを把握することです。

電気をほとんど消費しない換気扇を気にするより、
不要な照明を消す方がよっぽど簡単で大きな効果が期待できるのです。

YouTube Video



Comments