Blog‎ > ‎

電力モニターのご利益

2011/02/02 0:33 に 反エコ王子 が投稿
 実は昨年12月の1ヶ月間、OWLの電力モニターを拝借して自分の部屋の分電盤(ちょうど台所の壁にあった)にセンサーや送信機、受信用モニターを取り付けていました。写真のように配電盤の中にきれいに収まってしまい、取り付け後は全く気にならない素晴らしい状態になりました。
 外部に置かれたモニターは現在の消費電力を示しています。1〜2秒位遅れて表示されますが、ほぼタイムリーに電力状態を表示します。ご覧のように40Aの契約なので、何も大電力を使っていない時は 0.200 KWA前後です。

 今は冬場なので、暖房器具のスイッチを入れるとドカンと消費電力量は増えます。電気ストーブ、エアコン、オイルヒータなどが我が家にはありますので、日常生活の場面でそれぞれの暖房器具が活躍します。朝はタイマーでエアコンが稼働開始。その後起床後はオイルヒータのスイッチをオフして、台所の電気ストーブをスイッチオン!電気ポットでお湯を沸かす間は電気ストーブをちょっとだけオフにして、オーブントースターで朝食のお餅を焼きます(お正月ですから一杯お餅が余っています)その間にシャワーを浴びて戻ってくれば、もうエアコンはスイッチオフ。暖かいコーヒーとお餅でお腹も心も温かくなってしまいます。髪の毛をドライヤーで乾かして、出勤準備は完了!

 この間ですが、このOWLの電力モニターは設定された値を超えるとアラームが3回鳴ります。「ピー、ピー、ピー」私は[2.7KWA]に設定していますので、たくさん電気を点けたままだとアラームで知らされます。節電効果はあると考えています。始めはピーピーピーがうるさく感じましたが、慣れると「おっと、電気使い過ぎ!」と電気を消して歩きます。(そんなに部屋は広くありませんが)エネルギー・コンシャスの出来上がりです。

 さて、それでは外出です。ここでこのモニターが活躍します。さっとモニターに目をやると、「0.200KWA」前後表示であればOK. いつもの外出時の電気量。暖房や他の電気製品の消し忘れはありません。指差し確認で「OK! 発車オーライ!」安心して出勤出来ます。どうですか、電力モニターのご利益。使った人にしか判らない楽しみや便利さがそこにはあります。

 試験的に拝借していた1ヶ月間でしたが家庭に必要なアイテムとしてすっかり馴染んでいました。今後かなり欲しい1品です。
Comments