Blog

管理者のブログです。

大好評発売中!

2012/03/04 18:28 に 反エコ王子 が投稿   [ 2012/03/04 18:30 に更新しました ]

 簡易型リアルタイム電力モニター「はやわかり」を国内発売開始してから既に5ヶ月が過ぎました。皆様のお陰で多くのご家庭や事務所、店舗、工場などでご利用を戴いております。皆様に深く感謝をしますと共に、節電意識の高い皆様のお役に立てている事を嬉しく感じています。

 さて、最近こちらのサイトを更新せず、ずっと放って置いたままでしたが、先程こちらのサイトを見ながら電話でお問合せを戴いたのです。すみません、瞬間「ドキッ」として早速更新を開始したしだいです。そこで、近況を少々記載します。

「はやわかり」の売れ行き:
 最近では販売店様も増えていろんな処から購入可能です。楽天、アマゾン、ダイレクトショップ、法政大学生協などなど。インターネット経由ばかりではなく、再販様の営業マンからも購入が可能です。ご購入時は、「はやわかり」とご指定、検索して下さいね。そして Lean Energy社が提供する販社様からのご購入をお願いします。下記が参考になります。


「はやわかり」の導入実績:
 発売開始直後から事務所や工場などの利用でお引き合いも戴きました。もちろんご家庭での利用が一番多いのですが、区市町村様、電力会社様、ガス会社様、電気メーカー様、ビル管理会社様、大使館様などでもご購入を戴きました。いちご農園様もお得意様です。

 地域的には北海道から沖縄までご注文を戴きました。まだご注文を戴いていない県がありますね。傾向的にご注文が多いのは中部地区と関西地区のようです。もちろん、関東地区も負けていません。

「はやわかり」販売の問題点:
 製品利用はスタンドアローン型、つまりインターネット接続を必要としないのに、製品購入にはインターネットアクセスを必要とする矛盾した状態です。これを解消しなければなりません。今は電話注文や店頭販売(法政大学生協だけ)が全く完備出来ていませんので、今後準備が必要と痛感しています。ご支援を戴ける方、ご連絡をお待ちしています。下記のサイトを参照下さい。


「はやわかり」の取付け方法:
 お問合せで一番多いのは、「自宅で取付けられるか?」です。電話でもメールでもお問合せを受けていますが、判りやすいのは写メを送ってもらうことです。support@lean-energy.net 宛にブレーカーボックスの外観、ふたを開けた様子(二重ぶたの場合もあります)を送って戴ければアドバイスをさせて戴きます。2次側のケーブルの太さはご自分で測って下さいね。

下記のサイトに取付けガイドを記載しましたので参考にして下さい。


皆様が結構ご自分で取付けされるのであまり役立っていないのですが、下記のサイトで取付けサービスもご案内しています。


如何でしょうか、ビジネススクール修了のワカモノとオヤジが立ち上げたベンチャーはすくすくと育って?います。
今後共宜しくお願いします。

ご質問やご意見も support@lean-energy.net 宛にお願いします。

法政大学での環境展に参加しています!

2011/10/24 8:30 に Toshiki Matsui が投稿

我が法政大学の環境展に参加しています。


ポスターとカタログ、簡単な説明書を置いてありますので
ぜひご参加ください!
よろしくお願いいたします。


正式リリースがやっと出来ました!

2011/10/24 4:50 に 反エコ王子 が投稿

  株式会社リーンエナジー がやっとスタートしました。皆さんの熱い期待にお応えして、正式に製品をリリースしました。詳細は、会社のサイトを参照下さい。10/19日付の日経産業新聞の環境面で大きく取り上げて戴きました。ありがとうございました。また、当日たくさんのお問合せや製品の注文も戴きました。本当にありがとうございました。この場をお借りして、皆さんに感謝を申し上げます。

 船出をしてみましたが、いろいろと混乱があり、またたくさんやることが増えました。メンバー全員で汗を流しながら、頑張っています。この冬は暖房が要らないかも知れません?既にリアルタイム電力モニターをお試し戴いたお客様から、いろいろなコメントを戴いていますのでご紹介します!

 ・「使ってビックリ!スイッチをオン/オフすると、モニター画面の数字が変化して、しっかり電力量が判ります」
 ・「自宅のブレーカーが落ちなくなった。アラーム機能で、設定した電流値になると知らせてくれるので、電気を切っています」
 ・「出掛ける時に、いつもの電力値であれば、消し忘れがないことを確認できます。安心して外出できます」
 ・「自宅でこんなに電気を使っていたんだと、再確認することができ、さらにモニターを見ながら、こまめに電気を切っています」

今後も、リーンエナジーのHPへご意見やご感想を待ちしています!

日経新聞に取り上げられました

2011/08/25 8:36 に Toshiki Matsui が投稿

25日の日経新聞IT トレンドで紹介されました。

参入相次ぐ新ビジネス~簡易電力計を自宅で使ってみた  :日本経済新聞 http://s.nikkei.com/oZA4En

現在、製品の正式リリースに向けて最終調整中です。
ご期待ください!

www.lean-energy.net

スタンドライトの節電

2011/06/19 3:19 に Toshiki Matsui が投稿

私の勉強机は本棚一体型で白熱灯の照明もついてます。
しかし、ずっと疑問が。

いったいこの照明どんだけ電気くってるの?!

白熱灯なのでぼんやると明るく雰囲気のある照明ですが、
あまり勉強にはむかない、しかも電気代が結構かかっているように思います。

そこで、以前からもっていた蛍光灯のスタンド照明と比較しました。

その結果、スタンドライトのほうが1時間当たり約0.3円の節電になることがわかりました。

え、そんだけ?
はい、でも十分測定の効果がありました。

なぜなら、

勉強するとき⇒スタンドライト(明るいから)
読書するとき⇒白熱灯(雰囲気あるから、ウイスキーによくあう!!)

と、気にせず使い分けることができるからです。

何にどれくらい電気が使用されているかわかれば
無駄な努力をしなくていいのです。
lこれこそ継続できる節電ですな!



トースターと湯沸かし器の節電

2011/06/04 5:04 に Toshiki Matsui が投稿

我が家の朝食風景です。

トースターでパンを焼き、湯沸しポットでコーヒーをいれたら
あっという間に電力が!!

どちらもすごく便利ですが、たくさん電器を使用していることがわかりました。
冬場にエアコンをいれると朝ブレーカーが落ちるはずです(悲)

ちなみに、ガスコンロのグリルでパンをやいて、
コーヒーはやかんで沸かせば節電(電気代はタダ)になります。

味はかわらないからグリルで節電かな。

朝食風景


電力比較 5月8日

2011/05/09 9:15 に Toshiki Matsui が投稿

GW 最終日の電力比較をUP しました。

今回はCさんのデータが一時的に入っています。

Aさんの待機電力が多いことに対して
Bさんは夜間に多くの電力を消費しています。

照明、テレビ、PC、レンジなどの家電が原因ですが、
これから夏場にかけて朝晩のピークをさけて電力を使用する必要があります。

具体的には洗濯機や食洗機はタイマーにしてピークを避ける、
などの方法が考えられます。

次回は数日間のデータを比較してみたいと思います。

ガス給湯器の待機電力と節電

2011/05/07 6:09 に Toshiki Matsui が投稿

ガス給湯器はガスを使用するので
電力使用がないと思われている方もいらっしゃると思いますが、
実際には起動やモニターに電力が消費されています。

さて、ガス給湯器の待機電力ですが、
他の電子機器と違って測定が非常に困難です。

というのもコンセントに接続されていないため、
エコワットなどのコンセント接続型測定器が利用できないからです。

やはり頼りになるのは電力見える化を実現する電力測定器です。

できる限り正確に測定するため
冷蔵庫やテレビを始め、電力を使用する機器はほとんどコンセントをはずしました。

結論、残念ながら正確な数値は測定できなかったのですが、

①外出時や就寝時には必ずOFF にする
②頻繁にON OFF しない

の2つが節電につながることが分かりました。

以下、細かい説明になります。

まず待機電力ですが、ECCJ(省エネルギーセンター)の
平成20年待機時消費電力調査報告書を参照に計算します。

ガス瞬間湯沸かし器(給湯器)
スイッチON時 4.08W (年間電気代 ¥804.168)
スイッチOFF時 3.14W (年間電気代 ¥618.894)
*¥22.50/kWh で計算

つまり、給湯器はスイッチを切っていても電力を消費しているということです。
そして、その差額は0.94Wで年間電気代にして185円です。

極わずかではありますが、
全国6400万世帯で実施すれば大きな節電になることは間違いありません。

しかし、注意点があります。
それはあまり頻繁にON OFF を繰り返さないということです。

電力測定器で測定した結果、電源を入り切りすると
14W-35W の電力を消費することが分かりました。
(何度か測定したのですが、誤差があるため幅を持たせました)

これは明らかに上記4.08W より大きい数値ですが、
電源をON にすると大きな電流が流れるためだと思われます。

つまり、食器を洗うときや風呂に入るときは、むやみにON OFF をせず、
就寝時や外出時に忘れずに電源を切ることが
一番節電になることが判明しました。

どうでしょう?納得いきますか?

参考のために電力変化する様子を動画でアップします。
電源を切ると測定器が¥8.348 ⇒ ¥7.560 に変化します。

測定結果






4月29日の電力使用量比較

2011/05/04 19:00 に Toshiki Matsui が投稿   [ 2011/05/04 19:08 に更新しました ]

AさんとB(管理人)の電力使用量グラフを掲載しました。

A さんの家は待機電力が多いようですね。
次回あったときに問い詰めてみましょう♪

しかし、電力見える化の威力は大きいですね。
こやって比較することで節電も意識されます。

ちなみにA さんはウォーキングと歩数系のサイトを運営しています。
当サイトのホームにリンクをはりました。

A さんの4月の歩数グラフが掲載されているのですが、
それをみて私も負けじとがんばっています^^


サイト管理人の電力

2011/04/30 12:27 に Toshiki Matsui が投稿

我が家の電力グラフをHome に掲載しました。

4月後半は仕事が忙しく、
朝7-8時前後と夜中23-01時前後しか在宅していません。
結果、後半に使用量が大きく削減されました。

そもそも平日はほとんど家にいないので
出勤時間と帰宅後就寝までが電気を使用する時間になります。
4月は忙しくて帰宅する時間が遅かったので
とうぜん使用時間も23-01時になるわけです。

そうやって考えると勤務時間をシフトしたり
夏時間を導入することでピークを多少ずらすことができるのでしょう。

1-10 of 28